チャールズ・オッペンハイムの 2020 会計年度の EB-5 処理に関するウェビナー

2020年6月16日、米国国務省のビザ管理および報告部門の責任者であるチャールズ・オッペンハイムは、EB-5コミュニティに、EB-5の処理、割り当てなどに関する豊富な新しい情報と洞察を提供しました。 情報はすべて IIUSA が主催するウェビナーで明らかにされました。このウェビナーは約 1 時間半続き、パネリストのグループとの質疑応答セッションで終了しました。 オッペンハイムがウェビナーで明らかにした最も重要な洞察は次のとおりです。

投資家は領事館が再開する前にNVCと協力する必要があります

世界中の米国大使館と領事館が一時的に閉鎖されたとき、EB-5 投資家の大部分はビザ プロセスで克服できない障害に直面しました。 ビザの予約と面接を設定できないため、海外のEB-5投資家は米国のグリーンカードを申請できず、領事館が再開するまでEB-5の旅を停止します。 オッペンハイム氏によると、米国国務省は領事館の再開に向けて取り組んでいるが、具体的な日程は明らかにしていません。 各領事館は独自のスケジュールで業務を行うため、各領事館は異なる時間に営業を再開することが期待できます。

ただし、領事館の閉鎖にもかかわらず、ナショナル ビザ センター (NVC) は引き続き営業しているため、海外に住んでいる EB-5 申請者は、領事館の再開前にビザ申請を準備し、書類審査を受けることができます。 そうすれば、2020 年度が終わる 2020 年 9 月 30 日よりも前に、より早くビザを申請できるようになります。 オッペンハイムは、EB-5 ビザを申請できる投資家の 50% 以上が依然として書類上の資格を持っていないため、ビザの発行プロセスが遅くなり、結果として米国市民権移民局 (USCIS) が EB-5 ビザを付与することが少なくなる可能性があると述べました。 2020 年度は、その年に割り当てられた額よりも多くなっています。 オッペンハイムは、書類的に資格を得ることができるすべてのEB-5投資家にそうするよう促しています。これにより、EB-5ビザを申請し、より早く米国での生活を始めることができます。

2020年度これまでに発行されたEB-5ビザ

2020年度の初めに、11,000を超えるビザがその会計年度のEB-5プログラムに割り当てられました。 発行は通常均等であるため、ビザは年間を通して安定して配布されると予想され、四半期ごとに約2,750件が付与されました。 もちろん、これらの見込みは、世界的なパンデミックが米国と世界中の公共の生活をシャットダウンする可能性を考慮していませんでした。通常のEB-5運用が不可能になり、2020年度に発行されたEB-5ビザはわずか4,500件になりました。 これは、USCIS が 6,000 件以上の EB-5 ビザを付与するための残りの四半期が 1 四半期しかないことを意味します。

オッペンハイムによると、USCISは、領事館が間もなく再開される限り、2020年度に残っているビザのほとんどを許可することができます。 移民投資家プログラム オフィス (IPO) は現在、別のビザで米国に住んでいる EB-5 投資家に焦点を当てています。彼らは移民ステータスを調整するために I-485 請願書を提出するだけでよいからです。 ただし、国内の投資家だけに頼っているだけでは、残りのEB-5ビザをクリアするのに十分ではないでしょう。 2019年度のデータは、国内の投資家が不足していることを示しており、オッペンハイムは、IPOには保留中のI-485申請が「あまりない」と述ました。

2020年度 中国投資家向けEB-5ビザ手続き

2020年度の初めに、中国のEB-5投資家は良い年を迎える準備ができており、推定5,000件のEB-5ビザが中国の投資家に発行される予定でした。 その直後、武漢で新型コロナウイルスが発見され、この 100 年で最悪のパンデミックが発生し、中国の米国領事館が閉鎖されました。 2020年2月に中国領事館がビザ面接の促進を停止する前に、推定されたビザの5分の1しか発行されなかった。オッペンハイムは、2020年7月のビザ速報での中国の最終決定日の動きにより、理論的には追加の国内投資家400人、海外3000人を許可しました。ただし、領事館はまだ閉鎖されているため、実際にビザを受け取ることができる投資家は 400 人だけです。 中国領事館がすぐに再開されたとしても、おそらく圧倒され、多くのビザの予約を一度に処理することはできないでしょう。つまり、IPO は中国の投資家にこれほど多くのビザを発行することはできません。

オッペンハイムはさらに、香港の自治をめぐる最近の論争を取り巻く不確実性にもかかわらず、香港を中国本土から分離した政治的実体として認識し続けるという IPO の意図を発表した。 これは、香港の投資家が中国のバックログに貢献しないことを意味するため、中国と香港のEB-5投資家にとっても同様に朗報です。 米国の入国管理法の変更がない限り、IPO は香港の扱いを変えるつもりはない。

2020年度インド投資家向けEB-5ビザ手続き

2020年度には、778件のEB-5ビザがインドの投資家に受け入れられると予想されていました。 オッペンハイム氏は、これらのビザの多くがすでに発行されていると述べ、インドのEB-5投資家とその近親者には550件ものビザがすでに付与されている可能性があると述べました。インドの最終決定日の急速な前進は、2020年度に発行された多数のインドのEB-5ビザの原因の一部であり、2020年7月のビザ速報では、最終決定日は驚異的な7か月のジャンプをして現在のものになり、USCISの2020年3月の予測とおりでした。。インドの投資家に対するビザの遡及に対する業界の懸念にもかかわらず、オッペンハイムは、インドの最終決定日のステータスが少なくとも2020年度の終わりまで続くと考えています。

2020年度 EB-5 ベトナム人投資家向けビザ手続き

オッペンハイムはベトナムに関する実質的な情報を提供しなかったが、ベトナムの最終決定日は、2020年を通して行われてきたように、おそらく一度に数週間前進し続けるだろうと述べました。今年度、これまでにEB-5の投資家が何名かビザを取得しているかの情報を提供しませんでした。

2021年度にはさらに多くのEB-5ビザが利用可能になる可能性があります
2020 年度の EB-5 ビザの喪失は、2021 年度の平均以上の数で補える可能性があります。 2021年度には世界は「通常」に近づくと予想されており、EB-5処理は通常通り進行し、USCISはより多くのビザをEB-5プログラムに割り当てる可能性があります。 EB-5プログラムは毎年7.1%のEBビザを取得していますが、未使用の家族ビザは次年度に繰り越されるため、EBビザの数は増加することが見込まれます。 家族ベースの移民も入国管理の混乱に直面しているため、2020年度末には未使用の家族ベースのビザがかなりの数になると予想され、これは2021年度のEB-5投資家にとって朗報です。 オッペンハイムによると、2021 年度には少なくとも 60,000 件の追加の EB ビザが発生し、合計で 200,000 件を超える可能性があります。

インドのEB-5投資家はビザの後退に直面しますか?

インドの最終決定日の急速な進展は、EB-5 業界でホットな話題となっています。 領事館が再開され、より多くのインド人投資家がビザを請求できるようになると、ビザの遡及が懸念されますが、オッペンハイム氏はインドの投資家に朗報です。 彼は、USCISが最終決定日を慎重に変更したことを強調し、それらは「測定」されており、USCISは「後退を避ける」ために取り組んでいると強調した。 彼によると、インドのEB-5投資家が今日I-526請願書を提出するまでの待ち時間は、2019年10月に見込んでた時間よりも短くなるはずです。 領事館が再開した後、2020年度または2021年度にEB-5ビザを迅速に申請できることを示しています。

オッペンハイム氏はまた、領事館が次の会計年度まで閉鎖されたままである場合、2021年度の初めにすべての国が短期間現行になる可能性がわずかにあるとリスナーに語たりましあ。条件は、移動を正当化するためにI-485請願書を提出する国内投資家が十分にいるかどうかです。 仮に起こったとしても、それは長く続けられないだろう。

IPOでのEB-5処理の生産性の向上

EB-5処理の生産性に関しては、近年何を期待すべきかを知ることは困難です。 EB-5プログラムは2018年度にブームを経験しましたが、サラ・ケンドールがチーフに就任し、完全性と不正防止対策に重点を置くようになった2019年度に急速に打ち砕かれました。 ケンドールは 2020 年度も引き続き IPO を主導していますが、オッペンハイム氏は、2020 年度第 2 四半期に IPO 処理が増加し、I-526 請願が急速に処理されていると主張しました。 オッペンハイム氏によると、特に中国のEB-5投資家は多数の裁定を受けているが、これはおそらく、2020年4月の新しいビザ取得可能数アプローチの開始前に彼らの請願が裁定のために割り当てられたためである可能性があります。

total-countries

オッペンハイムの声明に沿って、NVCと協力している中国のEB-5投資家の数は2020年度に大幅に増加しました。 インドと台湾ではわずかな増加が見られましたが、ベトナム、韓国、ブラジルでは減少が見られました。これは、EB-5処理が主に中国の投資家に利益をもたらしたことを示しています。 ただし、別の説明も可能です。中国の出願日が前倒しになったことで、より多くの中国の EB-5 投資家が NVC に書類を提出できるようになった可能性があります。 もちろん、NVC の投資家の数は I-526 請願の処理の完全な指標ではありません。なぜなら、一部の投資家は必要な書類を集めるのにかなりの時間が必要であり、一部の投資家はすでに米国に住んでいて働く必要がないからです。 USCIS からの特定の処理統計のみがこの謎を解明できます。

メニュー