1つの受動的投資を行い、米国のグリーンカードを取得します

米国での生活は、世界人口の多くにとって夢です。 繁栄、自由、高い生活水準で有名な米国は、世界中の数え切れないほどの人々を魅了していますが、ほとんどの人は永久に移住するという夢を実現することができません。 学生ビザと就労ビザは取得が難しく、通常は短期滞在のみが可能であり、米国国民との結婚は幸運な少数の人にしかできません。

幸いなことに、EB-5移民投資家プログラムという別のオプションがあります。 1990年に設立されたEB-5プログラムは、有利な開発プロジェクトに資金を提供し、外国人投資家とその肉親が米国のグリーンカードを取得するのを支援してきた30年以上の実績を誇っています。 考え方は単純です。外国人投資家が適格な EB-5 プロジェクトに一定額を投資し、投資が成功した場合、投資家とその配偶者、21 歳未満の未婚の子供は、米国の永住権を取得します。

すでに何千人もの投資家とその家族がEB-5プログラムを通じて米国に移住しています。 このプログラムは一般に、他の移民ルートよりも迅速かつ簡単であり、投資家が地域センターを通じて投資している場合、投資家の関与は最小限で済みます。 もう1つの重要な利点は、投資家の配偶者と子供もグリーンカードを取得できることです。つまり、家族全員が米国に永住できることを意味します。

永久入国管理の解決方

EB-5プログラムは、永住権を提供するため、他の多くの米国移民プログラムよりも優れています。 ほとんどの雇用ベースのビザは、数年から数か月の短期間でのみ付与されるため、米国への恒久的な移住は不可能です。 非常に人気のある H-1B ビザはその一例です。通常、このビザは 3 年間のみ許可され、更新は 1 回だけです。

学生ビザも同様です。 学生ビザは、申請者の学業期間中のみ有効であり、その後、学生が米国に滞在するための仕事を見つける期間は限られています。 また、スポンサー企業を見つけて H-1B くじに当選したとしても、それは短期的な解決策に過ぎません。

投資家が米国でビジネスを開始するためのスポンサーとなる E-2 ビザでさえ、永住権を提供していません。 代わりに、申請者は、投資家の出身国との相互協定に応じて、3 か月から 5 年間の滞在が許可されます。 ビザは無期限に更新可能ですが、継続的な更新は、EB-5 投資家が直面する必要のない面倒な作業です。

E-2 ビザのもう 1 つの欠点は、配偶者には米国企業での雇用に従事するためのオープンな就労許可が与えられますが、扶養している子供には与えられないことです。 EB-5 ビザの下では、投資家と資格のある直系家族全員がグリーンカードを取得し、米国市民と同じように自由に雇用に従事することができます。

E-2 プログラムの主な利点は、高速であることです。 これは、迅速に米国に入国し、国内で EB-5 プログラムに申請するための良い方法です。

単一の受動的投資

EB-5プログラムは複雑に見えるかもしれませんが、実際には、他のほとんどの雇用ベースのビザよりも簡単です。 必要なのは、適切な金額の投資、プロジェクトの対象雇用地域 (TEA) のステータスに応じて、900,000 ドルまたは 180 万ドルと、資金が合法的に取得されたことを証明することだけです。 それ以外の場合、2 年間の投資期間の終わりに、投資家は単に資本が米国の労働者のために少なくとも 10 の新しいフルタイムの仕事を創出したことを証明する必要があります。

EB-5 投資家には、直接 EB-5 投資または地域センター投資の 2 つのオプションがあります。 直接投資を選択した場合、ファンドの日々の管理に深く関与する必要があります。これは、資本の管理を維持したい管理の専門知識を持つ人に最適です。 一方、はるかに人気のある地域センターへの投資は、受動的な投資を行い、米国のどこでも、たとえEB-5プロジェクトの反対側であっても、他のことを追求したい投資家にとって最良の選択です。

EB-5地域センターへの投資は、投資家がビジネスの選択肢を広げたまま、米国の将来に投資するための素晴らしい方法です。 ほとんどの雇用ベースのビザは、助成対象者をスポンサー企業に制限していますが、EB-5投資家は、希望する努力を自由に追求できます。

資金を持っている人なら誰でも参加可能

EB-5の需要が他の国を上回っている国もありますが、EB-5プログラムは申請者に国ベースの制限を課していません。 米国市民権移民局 (USCIS) の統計によると、北朝鮮の投資家さえいたことがあり、米国市民でない人なら誰でも申請できます。

さらに、出身国に関係なく、すべてのEB-5投資家は同じ利益を享受できます。 E-2プログラムのように相互主義協定に基づく制限を課さないため、投資家がE-2プログラムの下で3か月の滞在しか資格がない場合でも、EB-5 プログラムに基づく永住権の資格を得ることができます。

もちろん、主な要件は、投資家が合法的に取得した資金、つまり 900,000 ドルまたは 180 万ドルを持つことです。 別のビザで既に米国に居住している投資家にとって、別の要件は、認定された投資家であることを証明することです。 認定投資家になるには、EB-5投資家は、主たる居住地を除いて少なくとも1,000,000ドルの純資産を持っているか、または過去2年間に年間200,000ドル以上を稼いでいる必要があります(結婚している場合は300,000ドル)。

このように、EB-5プログラムは、米国の永住権を取得するための最も迅速で無料かつ最も簡単な方法の1つです。 これは、米国だけでなく、投資家とその近親者の将来への投資でもあります。 それは、1 回の受動的な投資と引き換えに、より明るい未来を意味します。

メニュー