処理の変化と高失業率: 2020年のEB-5プログラム

I-526 ビザ利用可能数処理アプローチ

2020 年 3 月 31 日、米国市民権移民局 (USCIS) は、I-526 請願書を処理するためのビザ取得可能数アプローチを導入しました。 この新しいアプローチが処理時間に必然的な影響を与えるかどうかはまだわかりません。 2020 年 5 月の時点で、I-526 の処理時間は 31 ~ 50.5 か月と見積もられており、2020 年 3 月の 33 ~ 50 か月の見込みからわずかに変化しています。

一方、I-526の裁定の過去の処理時間は、2019年10月から2020年1月までの2020年第1四半期に12.9か月と5年間で過去最低に達した。審査は裏で行われるため、USCIS の公的機関の閉鎖が移民投資家処理局 (IPO) の業務を妨げることはありません。 実際、事例報告によると、IPO は請願をより迅速に裁定することに集中できるようになる可能性あります。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、米国全体で失業率が急上昇しています。 EB-5移民投資家プログラムは、外国人投資家が米国経済への投資を通じて米国のグリーンカードを取得するための道筋を提供し、この前例のない時期に役立つ可能性があります。 特に、EB-5プログラムは、外国人投資家が失業率の高い地域である対象雇用地域(TEA)に投資するためのインセンティブを提供します。

場所をTEAとして指定するための基準 – 前年の全国平均よりも少なくとも150%高い失業率 – は、新型コロナウイルスの余波に必要な経済刺激を提供するEB-5プログラムの能力を妨げる可能性があります。 TEA の指定に対する新型コロナウイルスの影響は、I-526 請願書が 2020 年からの失業データとともに提出される 2021 年まで明らかではありません: 永久に閉鎖するビジネス、そして経済が立ち直るスピードにもよるからです。 TEA の指定を決定する際に使用される相対的な雇用モデルにより、TEA プログラムは新型コロナウイルスの雇用損失数が最も多い場所にのみ投資インセンティブを提供し、他の地域は自力で対処する必要があります。

TEAシステムとEB-5プログラム全体に若干の変更を加えれば、プログラムは米国経済を刺激するためにより良い位置に置かれるでしょう。 しかし、そうは言っても、現在EB-5プログラムに変更の予定はなく、プログラムの大幅な変更の噂は事実無根です。

メニュー