EB-5投資家は、投資資金の合法的な出所をどのように証明できますか?

I-526 請願書では、EB-5 投資家は、合法的に EB-5 資金を取得したことを証明する必要があります。 米国市民権移民局 (USCIS) が「合法的な情報源」をどのように定義しているかを知ることは、I-526 請願を成功させるために重要です。

資金源の文書化

USCIS は、投資家の EB-5 資金の合法的な資金源の証拠として、さまざまな文書を受け入れます。 投資家は、適用可能性を前提として、I-526 請願書に次の書類を含める必要があります。

  • 投資家が関連する企業の過去 5 年間の納税申告書
  • 所得や財産を含む、過去 5 年間の個人の納税申告書
  • EB-5投資家が関連する外国企業の登録証明書
  • 資産売却書類、相続書類、資本の寄付を証明する書類など、EB-5資本の出所を示すその他の書類
  • 過去 15 年間にいずれかの国で申立人に対して提出された刑事訴訟または金銭的判決を含む係属中の訴訟の証拠の判決の謄本

EB-5資金を合法的に調達したことを示すことに加えて、投資家はEB-5プロジェクトに資本を投資したことを示す義務もあります。 電信送金記録や銀行取引明細書などの書類を通じて投資を証明できます。

同じバックグラウンドを持つEB-5投資家は2人もいないため、EB-5資金の合法的な出所を文書化するプロセスは投資家ごとに異なります。 一部の資本は他の資本よりも追跡が容易であるため、EB-5投資家は、資金を文書化する最も簡単な方法を決定するために、移民弁護士とこの問題について話し合うことをお勧めします。 多くの場合、投資家は過去数年間のさまざまなソースから文書を収集する必要があります。

EB-5資金の合法的な出所を証明するための共通書類

以下は、EB-5プログラムに投資する資金の合法的な出所を証明するためにEB-5投資家が使用する最も一般的な書類の例です。

  • 給与収入: 所得税申告書、W-2、銀行取引明細書、雇用契約書など
  • 事業の売却:事業登録証明書、事業の売却を示す書類; 投資家の所有権、取締役、または事業体の役員であることを証明する書類; 公認会計士による事業の評価など
  • 投資収益:株券、銀行取引明細書、過去3年以上の投資口座書類など
  • 不動産の売却: 売買契約書、所有権証明書、譲渡証書、ローン契約書、銀行取引明細書など
  • ローン:ローンの文書、資産の評価、貸し手の資本の出所を示す文書、銀行の明細書など

上記のEB-5資本のソースが最も一般的ですが、USCISが受け入れる追加のソースが多数あります。 相続資金、寄付金、訴訟判決金、離婚所得もEB-5資金源として有効です。 ただし、家族や友人からの贈答品や寄付の場合、USCIS は寄付者に対し、寄付金の合法的な出所を提供することを義務付けています。

合法的な資金源を証明するためのアドバイス

EB-5 資本の合法的な出所を証明するために必要な書類を収集する面倒で退屈なプロセスを容易にするために、EB-5 投資家は次のヒントを実装できます。

  • 移民弁護士と相談して、EB-5資本に使用するソースを見つけ、収集する必要のある書類を決定してください。
  • EB-5投資資金を投資する前に、追跡しやすくするために特別な口座を開設して保管してください。

翻訳が必要なドキュメントについては、十分な時間をかけて翻訳を入手してください。

メニュー