ビザの利用可能数処理アプローチについてのUSCISパブリックエンゲージメント

米国市民権移民局 (USCIS) が 3 月 13 日に行った、I-526 請願の処理に対する新しいビザ取得可能数アプローチに関する、EB-5 プログラムが将来どのようになるかについて貴重な洞察を提供しました。 参加を希望する人は誰でも電話会議を介して参加でき、USCIS は質問に答えました。

国務省の移民投資家プログラムオフィス (IPO) の長官であるサラケンドールと、国務省のビザ管理および報告部門の長官であるチャールズオッペンハイムが会議を主導しました。 新しいビザの利用可能数 I-526 処理アプローチだけでなく、EB-5 近代化規則についても貴重な情報を提供してくれました。 パブリックエンゲージメントの最後に、一般の人々が質問をするように招待され、最も興味深い情報を手に入れました。

新しい I-526 処理方法

USCIS がこの新しい I-526 処理方法を導入した理由は、EB-5 プログラムを他のビザプログラムとより緊密に連携させ、EB-5 ビザの割り当てが議会の目標によりよく一致するようにするためのようです。 ケンダル氏によると、新しいアプローチは、投資家が承認後すぐに、またはほぼ即時にEB-5ビザを申請する資格があるI-526請願に焦点を当てています。

新しい処理アプローチは 2020 年 3 月 31 日に発効し、当然、2020 年 3 月 31 日以降に USCIS が受け取るすべての I-526 請願に適用されます。 ただし、証拠の要求 (RFE) または否定の意図の通知 (NOID) を受け取った場合、元々待ちリストに並ぶ順位は影響ないです。

ビザ利用可能数アプローチの犠牲者

Kendall は、新しい I-526 処理アプローチの下で、IPO は、裁定のための請願を割り当てるために、月次ビザ速報のチャート B ファイリングの日付を使用する予定であると公聴会で発表しました。 EB-5投資家がその月にビザを申請する資格がある場合、請願は裁定のために割り当てられます。

インドとベトナムのEB-5投資家は、このニュースを聞いて安心するかもしれません。USCISがチャートBの日付を使用していることは、影響を受けるのは中国本土の投資家だけであることを意味します。 現在、中国の投資家は I-526 請願書の裁定を待つ期間が長くなる可能性がありますが、インドとベトナムの投資家は弾丸を逃れており、裁定の時間が短縮される可能性さえあります。 ただし、インドとベトナムの投資家はチャートAの未処理の影響を受け、これらの国でのEB-5の需要が供給を上回る場合、チャートBに続く可能性があるため、この利点は短命になる可能性があります。

過小評価されている国のEB-5投資家は、ビザの取得可能数アプローチの採用は、UCISがどのI-526請願を裁定しないかを決定するだけであるため、より迅速な処理時間を保証するものではないことに注意する必要があります。 USCIS の新しい処理方法からどの国が最も恩恵を受けるかは、時間が経てばわかります。

まれな例外

USCIS は、迅速なリクエストと配偶者の国籍という 2 つの場合を除いて、新しいビザ取得方法を使用することに専念しています。 USCIS は、たとえ投資家がビザの利用可能数システムのせいで保留される場合でも、迅速なリクエストを処理する意向を示しています。 同様に、未処理の国からのEB-5投資家に過小評価された国の配偶者がいる場合、夫婦はその配偶者の国籍を利用して裁定を進めることができます。 そのような場合、状況を説明する IPO への電子メールで十分です。

利用可能なビザの数に変更はありません

パブリックエンゲージメントで明らかになった情報によると、利用可能なEB-5ビザの総数または国ごとの割り当てに変更はありません。 新しいアプローチの目的の 1 つは、残りのビザの数を毎年減らすことですが、オッペンハイム氏は、この数が今後 1 年から 1 年半で大幅に減少することはないと述べました。

2019年度の処理量が少ない

ビザ取得可能数アプローチには、I-526 の裁定までの投資家の待ち時間を最小限に抑える力がありますが、実際には、処理が速くなるわけではありません。 ケンダル氏は I-526 バックログに関する質問を特に避け、IPO はそのような数値を公式に議論しないと説明しました
。 彼女によると、2019 年度の処理量が著しく少ないのは、IPO が不正防止対策を強化したためです。 ケンダル氏は、EB-5プログラムにおける不正対策の重要性を強調しており、2020年度の処理量はそれほど多くない可能性があることを示唆している。

インドのバックログ終了

パブリックエンゲージメントはまた、インドのEB-5投資家にとって歓迎すべきニュースをもたらしました。現在の傾向が続けば、USCISは、インドのバックログが2020年夏までに消滅すると予想しています。予見可能な将来の新しいインドのバックログはありません。 すでに、インドの投資家の最終決定日は、過去数回の月次ビザ速報で飛躍的に進んでいます。

新型コロナウイルスの影響

2020年はEB-5プログラムに複数の変更を導入していますが、それらのすべてが計画されたわけではありません。 新しいビザ取得可能プログラムに加えて、EB-5プログラムは、世界中を影響する新形コロナウイルスパンデミックによる混乱にも直面しています。 世界中で国境が閉鎖され、領事館は中国の米国領事館を含め、業務を停止しています。 これにより、中国のEB-5投資家の最終措置と提出日が前進することが妨げられ、中国の投資家は残りのビザを取得する資格がなくなりました。IPOは当面、ベトナムの投資家に付与することを決定しました。

パブリックエンゲージメントの間、新形コロナウイルス危機のEB-5運用への影響に関する追加の質問は出されませんでしたが、致命的なウイルスが世界中の公共生活をシャットダウンし続けているため、さらなる混乱が予想されるはずです。

エクストラ

  • 旅行禁止国の投資家について尋ねられたとき、ケンダルとオッペンハイムは公式に答えることを控え、そのような禁止の影響を受けた個人投資家に、USCISに問い合わせをメールするように頼みました。
  • USCISのサイトに EB-5 近代化規則のよくある質問ページがあります。
メニュー