EB-5 ビザとE-2 ビザ

永住者および一時滞在者のステータス:EB-5およびE-2投資ビザ

EB-5移民投資家ビザとE-2条約投資家ビザは、雇用目的または居住地として米国に居住することを希望する外国人に提供される2種類のビザです。 2つのビザにはいくつかの違いがあるため、関心のある投資家は、自分に最適なビザを選択するために、両方のタイプに関する情報を知ることが重要です。

移民投資家 (EB-5)

EB-5移民投資家パイロットプログラムは、米国の労働者に最低10人の新しい雇用を創出する新しい営利企業に多額の投資を行うことにより、外国人投資家に米国に移民する機会を提供します。 投資家はこのプログラムを通じて永住権を取得することができ、5年間の待機期間の後に市民権を申請することができます。 この機会は、近親者(配偶者と21歳未満の子供)にも及びます。

EB-5プログラムに必要な最小投資額は、投資家1人あたり1,000,000ドルです。 農村部に分類される地域または全国平均よりも高い失業率を持つ地域である対象雇用地域(TEA)に基づくプロジェクトに投資が行われる場合、この要件は500,000ドルに下がります。

条約投資家 (E-2)

完全な移民を望まないが一時的な在留資格を希望する外国人にとっては、E-2ビザが最適な方法かもしれません。 このビザプログラムを通じて、外国人は、新規事業を設立するか、既存の事業を購入するための投資を行うことにより、最大2年間米国に居住することができます。 しかし、彼らは移民として分類されていません。 2年が経過すると、投資家とその扶養家族は米国を離れるか、延長を要求する必要があります。延長は2年間です。 E-2投資家が要求できる延長の数に制限はありません。

E-2ステータスは、投資家に付与されるだけでなく、投資家の従業員、および投資家と従業員の両方の扶養家族にも付与されます。

EB-5とEB-2の比較要約

  • 居住者ステータス:EB-5は、最終的に市民権のオプションを提供し、永住権を付与します。 EB-2は2年間の一時滞在のみを許可しますが、無制限の延長を取得できます。
  • ステータスの延長:EB-5移民ビザは、近親者(配偶者および21歳未満の子供)も利用できます。 EB-2ビザは、近親者だけでなく、従業員とその近親者も利用できます。
  • 雇用創出の要件:EB-5プログラムへの投資は、資格を得るために少なくとも10人の新しいフルタイムの雇用を創出する必要があります。 EB-2プログラムにはそのような要件はありません。
メニュー