EB-5移民投資家プログラムの利点

1990年に開始されたEB-5ビザプログラムは、必要な資本を持っている投資家が恒久的に米国に移住し、必要に応じて最終的に市民になる方法です。 このプログラムは双方にメリットがあります。投資家とその家族に米国への移民や米国市民権の申請の機会を与えることで利益をもたらし、地域経済を刺激し、市民に新しいフルタイムの雇用を創出することで米国に利益をもたらします。

米国に移民する方法はたくさんありますが、EB-5移民投資家プログラムは必要な資本を持つ外国人投資家にいくつかの特別な利点を提供します。

あなたの家族を米国に引っ越せます

ビザは主たる投資家だけに限定されません。投資家の配偶者と21歳未満の未婚の子供も米国のグリーンカードの対象となります。 このように、あなたの家族と一緒に永久に米国に移り、あなたの子供たちのより良い未来を確実にすることができます。

あなたの子供は米国の大学へのより良いアクセスを持てます

投資家がEB-5ビザプログラムに参加する最も一般的な理由の1つは、子供たちが世界的に有名な米国の大学にアクセスしやすくすることです。 多くの大学が受け入れる留学生の数を制限しているため、グリーンカードを保持すると、大学の志願者が入学する可能性が高くなります。 お子さんがお住まいの州の学校に通う場合、授業料を最大80%節約できる場合もあります。

米国のどこにでも住むことができます

投資したプロジェクトの近くに住む必要がないため、米国内のどこに居住できるかについての制限はありません。したがって、フロリダ州フォートローダーデールのハイアットフォートローダーデールフェーズIIEB-5プロジェクトに投資し、望むなら、ワシントン州シアトルの反対側に住むこともできます。 EB-5プロジェクトの場所に関係なく、米国にいる親戚と近く住んだり、子供が大学に進学したい州に移動したりできます。

ビザなしで自由に米国を出国して再入国できます

グリーンカードを取得すると、米国を自由に出国したり、ビザなしで再入国したりするなど、米国市民とほぼ同じ権利を受けます。 あなたとあなたの家族は、米国のビザをのことを二度と心配することなく、世界中を自由に旅行することができます。

保証人は要りません

他の多くの米国ビザプログラムでは、雇用主、高等教育機関、家族、配偶者など、申請者はスポンサーを必要とします。 EB-5ビザを使用すると、投資家は自分自身を後援することができます。つまり、事前に米国で就職したり、米国の大学に入学したり、米国に家族を持ったりする必要はありません。 EB-5ビザは、米国への移民へのルートを持っていないかもしれない人々に利用可能です。

あなたは制限なしで雇用を探すことができます

米国での雇用を求めるほとんどの外国人は選択肢が限られており、通常、雇用主が後援する必要があります。 ただし、グリーンカードを使用すると、EB-5投資家とその家族は、雇用の種類や期間に制限されることなく、米国内のどこでも働くことができます。

金融の専門家である必要はありません

他の多くのビザ投資プログラムでは、投資家は幅広いビジネスまたは管理の経験を持っている必要がありますが、EB-5ビザプログラムはそうではありません。 EB-5投資家は、特に評判の良い地域センターを通じて投資することを選択した場合、専門の弁護士や金融専門家を利用してプロセスをガイドすることができます。

あなたは米国市民になることができます

世界中の人々が米国市民になることは夢ですが、EB-5投資家はその夢を実現することができます。 EB-5 I-526請願書で直接グリーンカードを申請すると、プロセスが容易になり、迅速になります。 米国に5年間住んでいると、市民権を申請して帰化した米国市民になることができます。

メニュー