重要な変更の影響

重要な変更が必要な時

場合によっては、EB-5プロジェクトは、元のプロジェクトの説明で概説されているとおりに進行しないことがあります。 一般に、当初の計画との整合性を保つためにあらゆる合理的な努力が払われますが、予期しない状況のためにプロジェクトの進行に合わせて変更を加える必要がある場合があります。これにより、最初のI-526請願書で最初に提出された計画と、最後のI-829請願書で提出されたプロジェクトの詳細との間に明らかな違いが生じます。

小さな違いは問題ではないかもしれませんが、プロジェクトのさまざまな側面と結果に大きな影響を与える重要な変更は、適格性と請願承認に関するUSCISの決定にも影響を与える可能性があります。 資金源または事業計画の基本的な構成要素に影響を与える変更、および請願の欠陥を解決するために実施される変更は、このカテゴリーに含まれる場合があります。

重要な変更が問題になる時

加えられた重要な変更がプロジェクトのプログラム適格性を失格にせず、EB-5投資家が変更が不可避であり、最初から計画されていなかったことを示すことができる限り、USCISは通常最終的なI-829請願書を拒否しません。 投資家はまた、行われた変更に関係なく、ファンドが全期間を通じてリスクにさらされたままであることを示す必要があります。

模範的なI-526請願書の承認後、投資家が実際のI-526請願書を承認のために提出する前の期間に重要な変更が行われた場合、通常、問題は発生しません。 ただし、模範的な請願が承認された後に変更が加えられた場合、承認は無効になり、実際の請願はUSCISによって適格性について完全にレビューされる必要があり、特に処理時間枠に関して、事前承認から得られた可能性のあるすべての利益が削除されます。

プロジェクトの基本的な基盤に影響を与える変更など、変更が重大な場合、その重要な変更が問題になります。 たとえば、高級ホテルの建設としてプロジェクトをリストするI-526請願書が提出されたが、プロジェクトが後で完全に旅客鉄道サービスの建設に変更された場合、この変更により、請願書が拒否される可能性が高くなります。 これは、プロジェクトタイプの大幅な変更からです。

重要な変更と重要ではない変更の違い

一般に、USCISは、以下が重要な変更として適格であると判断しました:

  • プロジェクトスコープの変更。 たとえば、投資家が地域センター投資から直接投資に変更した場合、またはプロジェクトの焦点が完全に変更された場合、拒否が発生する可能性があります。
  • 投資協定の変更。 たとえば、契約の条項が後で削除された場合、これは重要な変更と見なされます。

USCISは通常、以下の変更は重要ではないと見なします:

  • 投資プロジェクトの焦点にわずかな変更。 たとえば、ヨーロッパ料理店から主にフランス料理を提供するレストランに変更することは重要ではありません。
  • 条項があいまいであるため、または契約書の作成時に行われた不注意による誤りのために、単に明確化の目的で行われた投資契約の変更。

USCISは、事業計画の変更が予見され、元の提出書類に記載されている場合に、それらの変更が行われた請願書を承認する可能性が高くなります。 たとえば、投資の「リスクのある」ステータスを維持するために資金の再分配に変更がある場合は、これは事前に請願書に記載するのであれば、USCISがI-829の承認を検討するときに、変更の理由が明らかになります。

重要な変更の落とし穴を回避します

状況によっては重要な変更が避けられない場合もありますが、投資家は変更を回避し、必要な変更が請願の承認に悪影響を及ぼさないようにするために実行できる手順があります。

まず、投資家は、潜在的な投資プロジェクトの事業計画を注意深く検討して、プロジェクトが既存の計画で実行可能であることを確認する必要があります。 これにより、後の変更が必要になる可能性が制限されます。

第二に、協力する地域センターを選択する場合、投資家は、選択したセンターにEB-5プロジェクトが成功した履歴があることを確認する必要があります。 これにより、センターが地域センターの承認を維持し、プロジェクトが完了に至るまで役に立ちます。

第三に、投資家は提出されたI-526請願書に必要なすべての情報が含まれていることを確認する必要があります。 USCISがより多くの情報を要求するリスクを減らすために、プログラム要件がどのように満たされるかについての詳細を含める必要があります。 詳細情報の要求のために変更を加える必要がある場合は、元の計画を新しい計画にリンクするドキュメントを含める必要があります。

条件付き永住権の取得後に発生する重要な変更は、請願の承認前に発生する変更よりも心配が少ないです。 ただし、この場合でも、フォームI-829を提出する前に、USCISに変更を通知する必要があります。これは、フォームに、プロジェクトが元の請願書に記載された計画をどのように順守しようとしたかを示す文書を含める必要があるためです。

すべてのプロジェクトの変更が投資家に問題を引き起こすわけではありませんが、投資家は予測可能な変更を慎重に計画し、可能な場合はそれらを回避することが最善です。

メニュー